• ホーム
  • 水なしで飲める!フィルム型のバイアグラに再注目!

水なしで飲める!フィルム型のバイアグラに再注目!

バイアグラには錠剤の他にODフィルムがあります。
一般的な病院では50mgのODフィルムが取り扱われており、価格は1枚あたり約1000円です。
成分は錠剤と全く同じで、効果に影響のある添加物が加えられているわけではありません。
50mgのODフィルムは同じ用量の錠剤と同様の効果があります。
バイアグラのODフィルムは携帯性に優れており唾液で溶けるため便利です。
錠剤と異なり唾液で溶けるので、水がなくても服用できます。

バイアグラの錠剤とODフィルムの違いは形状や携帯性などにあります。
いずれも主成分としてシルデナフィルが含まれており、効果に違いはありません。
錠剤とODフィルムでは添加物に違いがあります。
しかし効果に影響を与えるものではありません。
ODフィルムの方が携帯性に優れており、財布などに常在させて持ち歩くことができます。
鞄や財布の中などに常在させても邪魔にならない便利さがODフィルムの特徴です。
必要なときにいつでも水なしで服用できるため人気があります。

バイアグラの錠剤とODフィルムは、いずれも主成分がシルデナフィルです。
空腹時に服用すれば約30分でペニスを勃起させることができます。
また服用から約1時間で効果が最大となるため、性行為の1時間前に服用する点も同様です。
錠剤の場合は水かぬるま湯で服用しますが、ODフィルムは唾液で溶けるので水を必要としません。
服用方法に違いがあるものの、同じように効果が現れます。
食事の影響を受けやすいという点も共通しているので、必ず空腹時に服用します。

シルデナフィルには顔のほてりや頭痛、消化不良に鼻づまりなどの副作用があります。
これらの副作用は錠剤もODフィルムも変わりません。
基本的に副作用は軽いものですが稀に持続勃起症や狭心症、突発性難聴などを発症することがあります。
重篤な症状が現れた場合には、服用を止めて医師の指導を受けることが重要です。
基本的には錠剤もODフィルムも安全にEDの治療ができます。

薬は進化している!ED治療の最新事情

バイアグラには錠剤だけでなくODフィルムも存在します。
いずれも主成分としてシルデナフィルが含まれており効果や副作用などは同様です。
両者の大きな違いは服用方法にあります。
錠剤は基本的に水かぬるま湯で服用する必要がありましたが、ODフィルムは水なしで服用できます。
性行為の約1時間前に空腹状態で服用する点はいずれも同じです。

シルデナフィルは食事の影響を受けやすいので、必ず空腹時に服用します。
食事を摂った場合には消化するまで2時間ほど待ちます。
脂肪分の多い食事の場合は6時間ほど間隔が必要です。

シルデナフィルは服用から約1時間で血中濃度が最大となり、効果がピークに達します。
水なしで服用するODフィルムの場合も同様です。
錠剤もODフィルムも1日1回服用します。
次の服用までは24時間以上の間隔が必要になります。

ODフィルムは唾液に溶ける性質がありますが、口の中では吸収されません。
唾液で溶かしたら全てを飲み込む必要があります。
ODフィルムは1枚ずつ個別包装されています。
直前に袋から取り出して使用します。

バイアグラは形状に関わらず処方できない場合があります。
成分に対して過敏症の既往歴がある場合や硝酸剤、一酸化窒素供与剤を使用している場合などには処方できません。
脳や心臓、肝臓などに重度の障害がある場合もや網膜色素変性症の場合も服用が制限されます。
低血圧や高血圧の場合は、病院で適切な治療を受けて薬で血圧がコントロールされていれば服用可能です。

バイアグラには錠剤とODフィルムがあり、同じ主成分が含まれているため同様の効果を期待できます。
特にODフィルムは携帯性が優れており、唾液で溶かして水なしで服用できるため人気があります。
いずれも一定の場合には服用できないことがあるので医師への相談が必要です。