• ホーム
  • ドトールの株主優待について

ドトールの株主優待について

色々なグラフ

ドトールコーヒーで有名なドトール・日レスホールディングスは、ドトールコーヒーと日本レストランシステムが経営統合してできた会社です。経営理念は、両社それぞれが持っている「店舗開発力」と「業態開発力」、「フランチャイズ」と「直営」、そして両社の持つ「ブランド力」など高い相互補完性をもとにして、「飲」と「食」の融合により、多様化する消費者の期待感に応えるサービスの展開を図り、新しい外食文化を発信していくことです。街を歩けばすぐにお店を見つけることができ、店内も賑わっています。今やほとんどの方が名前を知っていたり、利用したことがあるのではないでしょうか。
そんなドトールの株主優待は、毎年2月末日現在の株主名簿に記載された1単元(100株)以上保有している人を対象としています。
株主優待の内容は、保有株が100株以上500株未満であれば、2,500円相当の商品が届きます。また、保有株数が500株以上であれば、 4,500円相当の商品が自宅に届きます。贈呈時期につきましては、毎年6月の予定になっています。
商品の中身ですが、自社グループ商品の詰め合わせになっています。詰め合わせの中身は、アイスコーヒーだったり、
ドリップコーヒーの詰め合わせだったり、中身はその年によって違っています。届くのが6月ですので、ちょうど暖かくなる頃にアイスコーヒーが届くととてもうれしい気持ちになります。
また、コーヒーが好きな方にとっては、毎年違った商品を色々と楽しむことができるので、嬉しい限りではないでしょうか。
コーヒーが好きであれば、是非ドトール・日レスホールディングスの株主優待を受けて色々なコーヒーの味を楽しみましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧