公開履歴
薬と薬のケースと水のグラス

バイアグラの購入は病院よりもネットの方が安いということがわかっています。
一般的に、病院で購入をするよりもネットで購入するほうが安い理由は薬の著作権や保険にあります。
本来、クリニックで薬を処方してもらうときには保険の適用があって薬の費用を控除することができるのですが、その薬の費用の控除がバイアグラにはありません。
日本の保険制度は特殊で、日本が認めた薬以外に関しては保険を適用させることができません。それに加えて、著作権の問題もあります。
現在、一般市場で販売されている薬の多くは先発医薬品が開発されてその成分を模倣して作られた薬が大半です。
なぜ模倣することができるのかというと先発医薬品としての著作権が切れたからに他なりません。
著作権の期限が切れるとその薬に使われた薬の成分をまねて同じような製品を作ることが可能になります。
バイアグラも一緒で、先発医薬品としての著作権が切れたら他の民間企業がその薬を模倣して開発することができるので、一般市場に薬を流入させることができるようになるのです。
そして、日本では未だに先発医薬品から後発医薬品であるジェネリックのバイアグラが開発されていませんし販売もされていません。
後発医薬品の利点は大量に作ることができることから価格を非常に小さくすることができることです。
ネットでバイアグラが安くなるのはまさにここで、バイアグラのジェネリックは既に世界中で発売されており、これを日本国内から購入することは禁止されていません。
個人的な目的のために服用しても構わないので、ネットで購入すると小さな費用で薬を手に入れることができるわけです。
特に継続してバイアグラを使いたい人にとっては重宝します。ネット通販での購入はバイアグラ以外にレビトラやシアリスも通販で購入できます。効果の持続時間が非常に長いシアリスは初めてでも使いやすいと評判ですので、シアリスは通販で買ってみるのがおすすめです。ただし、安全な通販サイトを選ぶことが重要ですので、口コミなどの参考にして利用してみましょう。